早期発見で治療を

老人

白内障も緑内障も、同じ目の病気です。しかし白内障は日帰り手術で治るのに対して、緑内障は今の医療技術だと治りません。どちらも進行性のものですので、早期発見と治療が大切です。緑内障も早めの治療を行うことで、進行を遅らせることができます。自覚症状に乏しいことが多いので、定期検査を受けるようにしましょう。

加齢による目の疾患

老人

加齢とともに体は衰えていきますが、目の機能も衰えていきますので、注意が必要です。高齢の方の目の病気としては白内障や緑内障が代表的です。初期の頃は気づきにくいので、特別不調を感じていなくても定期的に検診を受けることがおすすめです。

視力を失わないために

目の病気としてよく知られている白内障と緑内障は目薬や内服薬で治療を進めていきます。こちらで詳しく記載されているので確認しましょう。

定期検診で予防

医者

白内障は加齢とともに、誰にでも起きる可能性のある病気です。しかし高齢者だけがかかるわけではありません。早い人では40代から、少しずつ症状が進行しはじめます。次第に視力が低下したり、視界がぼやけたりしていきます。緑内障は白内障とは別の病気です。進行すると視野が欠けていき、やがて失明に至ることもあります。日本人の後天的な失明の原因で、第一位が緑内障です。白内障も緑内障も初期のうちは、自覚症状がほとんどなく、知らないうちに重症化することも多いのが特徴です。両方を併発することもあります。いずれも早期に発見できれば、進行を食い止めることができます。40代になったら症状がなくても、定期検診を受けるようお勧めします。

進行を遅らせる

白内障は目のレンズにあたる水晶体が濁っていく病気です。大きな原因は加齢ですが、糖尿病やアトピー性皮膚炎があるとリスクが高くなると言われています。高血糖の方は特に注意が必要です。濁った水晶体は元には戻らないので、必要な場合は人工水晶体に入れ替えます。そうなる前に目薬で進行を遅らせることはできます。緑内障は眼圧が異常に高くなり、視神経が破壊される病気です。原因の多くは不明ですが、ストレスや目の酷使が悪影響を与えると考えられます。目薬やレーザーなどで治療しますが、やはり失った視野は戻りません。急性の場合は速やかに治療を受ける必要があり、慢性の場合も定期的に検査して、病気の進行を抑えることが重要です。

目の健康を守る方法

男女

白内障や緑内障の治療では早期発見が重要であり、40歳以上であればこまめに検査を受けるべきでしょう。一人一人の症状に合わせて治療を受けるのが理想的であり、目の病気についての理解を深めるための取り組みも大切です。